旦那や妻、彼氏や彼女の行動に1度でも疑いを持ってしまうと、どうしても真実を知りたいと思ってしまいます。

ドラマなどで探偵を雇うシーンをよく見かけますが、具体的にどのくらいの調査費用がかかるのでしょうか?

ここで1つの探偵事務所の例を見ていくと、基本料金4万円・1日当たり8万円の費用となっています。

浮気調査などであれば、浮気の現場を押さえるまで何日かかるかわかりませんから、金額的には結構な料金になる可能性もあります。

気軽に依頼できる費用ではありませんが、それでも多くの人が素行調査の依頼をしています。

決して疑いたいわけではありませんが、やはり裏切られている可能性があると許せないですし・どうしてもハッキリさせたい人が多いということでしょうか?

もちろん真実がわかった後は、その先どのようにしたいのかはあなた次第です。

探偵社に調査費用を見積もりを依頼する際には、人件費だけの金額なのか、車両や写真撮影、報告書作成費用まで含まれているかどうか等確認しましょう。

すべての費用が含まれている業者もいますが、別料金となっている場合が多いようです。後から高額な費用を請求されることのないようにしてください。良心的な探偵社なら、事前に承諾を得てくれます。

このように探偵に素行調査を依頼する場合は決して安い金額ではありませんので、絶対に証拠をつかんで・今の状況を解決したいですよね?

そして浮気調査は白黒はっきりさせなければなりません。そのために、浮気をしやすい状況をわざと作る場合もあります。

浮気調査の契約で注意すべきポイント

浮気調査を探偵社などへ依頼する際によく聞かれる言葉が「成功報酬制」ではないでしょうか?

一般的に成功報酬という言葉聞くと、なにかしらの結果が出たので、それに対して支払う報酬だと想像できます。

しかしこちらの成功報酬制ですが、クライアントの思い違い、または探偵社側の説明不足、お互いの認識の違いが起こることもあります。

な かには、詐欺として裁判にまでなってしまうケースもあるそうです。それだけ探偵に依頼する料金は安くないということが分かります。

ちなみに成功報酬制と は、成功したらお金を払う、失敗したら払わない、という意味だと勘違いされる方も多いですが、調査にかかる着手金や実費等は必要です。

探偵社としては、人件費をかけて浮気調査を続けたのに、証拠が押さえられなかったら、ダタ働きということをしていたら、探偵業自体成り立たなくなってしまいます。

最初に着手金を払って、その中から実費でかかったものを差し引いて、返金するのが一般的です。

具体的には100万円の着手金を支払い、結果が出せなかったとしても、実費に50万かかったと言われれば半額しか戻ってきません。

ここでトラブルにならないために、何をすればいくらかかるのかを明確にしておくことが重要です。

成功報酬、完全成功報酬、これらも内容は異なりますので、事前に内容を書いた契約書を交わす必要があります。口頭だけでの説明では、トラブルになることも予想されます。

また浮気調査のプランは事務所ごとに違いますので、内容をきちんと確認し、料金も納得が行くまで説明を聞いたうえで、総額でいくらかかるのか数字を出してもらいましょう。

完全成功報酬の場合は、全額返金してくれるところもありますが、それも探偵社ごとに違いますので確認が必要です。

以前から料金トラブルが多かったため、現在では法律が改正し、契約書を作らなければならないという決まりがあります。

なかには契約書なしに着手金を求めてくる、悪徳な業者もいないとは限りませんので、しっかりとした探偵社に依頼する必要があります。

たとえ安く調査できたとしても、そもそも結果が得られなければ依頼する意味がありませんので。探偵選びで失敗しないために⇒探偵に浮気調査を依頼する費用と実例

浮気調査は自分1人でできるのか?

例えば、携帯電話やスマホをチェックしても、決定的な内容のメールが見つからない場合も多いでしょうし、着信が多いだけでは浮気の証拠にはなりません。

もちろん相手が油断しており、今流行りのラインというアプリから証拠が見つかるケースも多いようです。

ただし、ホテルから出てきたところを写真に撮影すると言った行為は、プロの技術が必要で、相手にばれないように証拠をつかまなくてはいけません。

TVのドラマでは、よく電柱の陰から写真をとる探偵さんの様子を見かけるような気がします。

それに、相手がホテルから愛人と一緒に出てきたところを目撃しても、冷静に写真を撮影できるでしょうか?、意を決してそこへ出て行っても修羅場になるケースも多いでしょう。

携帯電話やスマホをこそこそとチェックしたり、尾行していることがばれたりすると、自分の勘違いで・本当は浮気をしていなかった場合、夫婦の関係にヒビが入ってしまうケースも多いようです。

「信頼していたのに、まさか疑っていたのか」ということになり、せっかく浮気の疑惑がなくなっても、予想外の展開に進んでしまうこともあります。

最悪のケースでは、逆上して離婚することになるケースもないわけではありません。

こ のように、素人が浮気調査をしようとすれば、どんなに慎重にやったとしても、バレてしまうケースが多いようです。

浮気をしている人が疑われていることがわ かれば、証拠を隠滅させるでしょうし、愛人と会うこともより慎重になります。

こうなってしまってから探偵に依頼しても、より調査が難航してしまいます。

探 偵はプロフェッショナルですから、尾行の技術や経験があるので、相手にバレずに素行調査をすることは得意です。

それにどのくらいの日数、尾行すれば証拠が つかめるのかもわかりません。

つまり浮気調査は忍耐力も必要になりますので、日々の生活を維持することも大変になります。

共働きの状態であれば、実際に自分で浮気調査をすることなど不可能です。同じ職場であれば、なんとなく探ることはできると思いますが。

し かし旦那の浮気現場を発見してしまって、我を忘れて、愛人や旦那に暴力をふるってしまうことも考えられますし、それを止めようとして旦那があなたに暴力を 振るうかもしれません。

このような場合、誰が被害者になってしまうのか、新たな加害者になってしまうのか予想がつきませんよね?

ここまでは証拠に関して見てきましたが、その前に、自分の気持ちを確かめておくことも必要です。

なぜなら浮気調査で証拠が出たら、離婚するのか、愛人と別れてもらって復縁するのか、いろいろと決断しないといけないからです。

復縁するつもりなら、いくら相手が悪くても、精神的に追い詰めるようなことはよくありませんし、離婚するつもりであれば、裁判で有利になる証拠集めをするべきです。